サイトマップ

七宝アイコン 食 べ 初 め

食べ初めとは・・・

【意味】
 一生、その子が食べ物に困らない様にとの願いを込めて行う。
【名称】
 食べ初め、お喰い初め、箸初め、歯がため
【行う時】
 生後100日から120日。京都では120日よりも少し遅らせる。 これを食いのばしと言って長生きできる言い伝えがある。
近年では家族が集まりやすい120日前後の日にされます。
【祝い膳】
 男の子は皆朱塗で、足が低い。女の子は内が朱塗、外が黒塗で、足が高い。 足が低い高いは、男性があぐら、女性は正座して食べることかららしい。
【行い方】
 近親者の最年長者を養い親(子供に食べさせる役目の者)が、赤ちゃんを左膝にのせ、飯、汁、飯、魚、飯、汁を3回繰り返す。
 井政では、お客様の赤ちゃんの性別をお聞きし、男の子用、女の子用それぞれご用意 致します。お客様が祝い膳をお持ちの時は、その膳をお預かりし、盛らせていただきます。 時候によって小鯛の入荷が困難な時がございますので、ご了承ください。
※5日前までにご予約ください。